03.作業風景

帯電防止性能を有するシート

E・M

まだまだ雪の予報が続きますが、雪とコロナに油断せずこの冬を乗り切りましよう。

今回は、私たちが加工製作しているカーテンやシートの種類で、帯電防止性能を有するシートを

ご紹介します。静電気を嫌う工場等では、人の出入りや動きにより、静電気が発生します。

そこで、セイデンFの導電剤塗工両面タイプを使用する事により静電気を逃します。

しかし、加工する私たち泣かせです。反物を高周波ウルダーと言う溶着機で間口を広げていきます。

そのまま溶着すると、火花や煙が出ます。


【以下、関連画像のご紹介】

結果は、焦げ目が付いてしまい穴も開くことがあります。

そこで、絶縁紙を上から当てて溶着すると焦げめ無く、綺麗に仕上げることが出来ます。

ギザギザの痕が附いているのが、溶着された所です。

これで製品(カーテン)が出来上がりました。

シートを製作するには、裁断機・溶着機・ミシンでの縫製加工等各種工程がありますが、早くスキルアップ出来る様にみんなで切磋琢磨し、お客様のご要望・よりご満足頂ける様に毎日試行錯誤の勉強を怠らず邁進して行きたいと思います。

 

 

 

-03.作業風景

Copyright © テント生地.com , All Rights Reserved.