03.作業風景

「アペリア」部材スチールパイプ加工

(中・美)
今回は、スガモトテントのオリジナル商品「カーテンシャッターアペリア」の部材スチールパイプ加工についてのご紹介です。

カーテンシャッターアペリアのキャンバス中心部分に差し込まれているスチールパイプがあります。上部はキャスターと生地を固定し、下部側にテンションをかけ固定し、すっきりとした仕上がりになります。

 


【以下、関連画像のご紹介】

 

キャンバス中心部に袋加工がしてあり、パイプが入っています。(上部側)

(下部側)

キャンバスを固定する為の下穴をあける作業です。上下の穴は同じ面にあけなければいけないので、専用の治具を使います。

 

 

 

 

スチールパイプを差し込み固定します。

上下に治具をセットし固定した状態で穴あけをすると、同じ面に穴があけられる仕組みです。

穴位置がずれていると、組付けた際の仕上がりに影響します。


今回は表面上に見えないスチールパイプの加工紹介でしたが、各部材の精度が良ければとてもいい仕上がりになります。部材を加工する際の治具を考えるときには、誰が作業しても正確に早く楽に加工できるものを心がけています。見た目はご愛敬です。

-03.作業風景

Copyright © テント生地.com , All Rights Reserved.