03.作業風景

大型物件の生地製作

(S.M)

先日行われたテント倉庫の張り替え工事で新しく取り付けられた生地の製作の様子を紹介させていただきます。

今回製作した製品の施工につきましてはこちらの記事にて詳しく掲載していますので、そちらもご覧頂けると幸いです。

 


【以下、関連画像のご紹介】

 

ライスターという熱風が出る機械を使い、生地同士を溶着していきます。

ライスターという熱風が出る機械を使い、生地同士を溶着していきます。

 

 

縫製の様子。

2つのミシンを使い、2人で縫製をすることでより短時間で縫い上げることができます。

 

ハトメ打ちの様子

生地が重たく、1人では動かすことが大変なので、数人で持ち上げながら作業をしています。

 

施工写真

できあがった生地を取り付けるとこのようになります。


このようにテント倉庫に取り付ける生地は大型のものが多く、生地も沢山使うのでその分重くなります。

なので1人でできない作業が多く、複数の製作スタッフと協力しながらお客様のご要望に沿った製品をお届けできるように日々精進してまいります。

 

-03.作業風景

Copyright © テント生地.com , All Rights Reserved.